RECTUIT リクルートスタッフィング
メニューを開く

クリエイティブ系のお仕事

仕事の内容

WEBディレクターやWEBデザイナー、DTPオペレーターなど、クリエイティブ系の中心的なお仕事です。業務内容は、クリエイティブ制作やアクセス解析、進捗管理、外注管理、予算管理などと幅広く、裁量権の大きい仕事と言えるでしょう。自分の裁量で仕事を推進し、自分が手がけたプロジェクトやデザインが世の中にリリースされる達成感を味わえる、非常にやりがいのあるお仕事です。

ご紹介可能な主な職種

  • WEBディレクター

    WEBサイト全体のディレクション業務。ホームページのコンセプト策定から、コンテンツ企画、WEBデザイナーへの指示、デザインルール策定、進捗管理、外注管理、予算管理までを行います。ユーザーアンケートの企画・実施・分析などを行うこともあります。数年間のデザイナーやプログラマーなどの経験を経て、ディレクターになるというケースが多いです。

  • WEBデザイナー

    HTMLを用いたホームページの制作や、画像データ・バナーなどの作成をするお仕事です。WEBディレクターが作成した仕様書に基づいて、デザイン(Illustrator、Photoshopなど)とコーディング(HTML、CSSなど)を行います。企業によっては、コーディングは行わず、デザインだけを担当する場合もあります。大規模サイトの実装は作業量が多いのでデザインとコーディングを分けるケースが多くなります。スマートフォン向けアプリ開発の知識・経験があるとお仕事の紹介の幅がぐっと広がります。

  • DTPオペレーター

    DTP=「デスクトップパブリッシング」の略。パソコンを用いた卓上編集システムのことをさします。原稿制作や、レイアウト指定、版下作成を、デジタル手段を用いて処理を行い、出版物の画像データ・レイアウトデータを作成します。主な業務は、ロゴ・地図・グラフなどの図版画像作成、写真画像の合成・加工、レイアウトデータ作成、印刷会社への製版フィルム出力指示などになります。PhotoshopやIllustratorなどのグラフィックソフトのスキルを必要とされる場合が多いです。

身につくキャリア

  • クリエイティブの制作スキル

    自身の発想や企画クリエイティブ系の仕事では、日々発想力が試されることとなります。経験者、未経験者問わず、ご自身の発想力を駆使したくさんのアイディアを生み出す力が身につきます。

  • 業界知識

    常に新しいもの、流行のものへの情報収集をする意欲を持つことが大事になります。業界を問わず何事にもアンテナを張り巡らせることがクリエイティブ系の仕事にとって大事な部分です。

職種一覧にもどる