「求職者が働きたい会社になる為に」 ~これからの「働く」はどう変わるのか?働く「個」が主役になる未来~

セミナー内容

いま、日本社会・求職者の働き方は大きな転換期となっています。少子高齢化による生産人口減少、ダイバーシティ推進、女性活躍推進法の改正に加え、直近ではコロナ禍によって働き方の急激な変化を強いられました。

雇用する企業側もこれらの変化する時代に合わせ、雇用される側の「働き方」を見直していく必要があります。今回の共催ウェビナーでは、株式会社リクルートスタッフィングと株式会社ビースタイルが会社の枠組みを越え、企業が「多様な採用」を実現していくための取り組み方法をご紹介いたします。

当日のプログラムと登壇者

第1部:「人手不足を乗り越えるための人材戦略」

人出不足の現状と影響。
この課題に対し企業は何を考え何をアクションすべきか?
人材マネジメント研究の第一人者であるリクルートワークス研究所の石原氏が解決すべき問題と具体的な人材活用方法について語ります。

<登壇者>

石原 直子氏

リクルートワークス研究所
主幹研究員/人事研究センター長

銀行、コンサルティング会社を経て2001年よりリクルートワークス研究所に参画。以来、人材マネジメント領域の研究に従事。2015年から2020年まで機関誌Worksの編集長を務める。2017年4月から現職。タレントマネジメント、リーダーシップ開発、女性リーダー育成、働き方改革等を専門とする。主な著作に『女性が活躍する会社』(大久保幸夫との共著、日経ビジネス文庫)がある。

第2部:「求職者が働きたい会社になる為に」

急激な変化の中、働く「個」の価値観はどう変化し、何を求めているのか。
実際に働く「個」に着目し、社内変革を成功させた株式会社マーケットエンタープライズと、同社で働く派遣スタッフの本音を対談形式でお届けします。

<登壇者>

竹原 匠氏

株式会社マーケットエンタープライズ
人事労務ユニット ユニット長

従業員数9,000名の国内大手エンターテインメント企業グループで人事マネージャーを経て、ソーシャルアプリのスタートアップ企業に参画。ゼロから立ち上げに従事する。
2015年株式会社マーケットエンタープライズに入社。人事労務ユニット責任者として入社当時100名だった組織を海外含むグループ5社450名の組織に大きく成長させた。

現在は、グループ経営体制への移行を背景に新たな人事制度の設計に尽力。役職や立場に捉われず、個々の事情に応じた多様な働き方の導入を目指している。

開催概要

タイトル 「求職者が働きたい会社になる為に」 ~これからの「働く」はどう変わるのか?働く「個」が主役になる未来~
開催日時 2021年10月20日(水) 13:00~15:00
会場 オンライン開催(Zoomウェビナー)
参加費 無料
定員 300名
ご注意 ※ 本セミナーの録画録音は禁止となっています。
※ コンテンツは予告なく変更となる場合がありますので予めご了承ください。
※ 事業が競合する企業様からのお申し込みは、お断りする場合があります。
主催 株式会社リクルートスタッフィング 総合戦略推進部

定員300名の先着順となります。お早目にお申込みください。

応募する