RECRUIT リクルートスタッフィングRECRUIT リクルートスタッフィング

新卒エントリーはこちら

人と深く、濃く、関わる経験を積むために。

08 豊原由奈/2015年入社 港ユニット4グループ08 豊原由奈/2015年入社 港ユニット4グループ

自分を変えるため、人生の転機に携わる仕事へ。

学生時代は教師になりたいと思っていました。アルバイトをしていた予備校で、自分が相談に乗った生徒が前向きな変化を遂げていくことに喜びを感じたことがきっかけでした。しかし、いざ選択を迫られたとき、人に何かを教える立場に、今の自分がふさわしいのか、まったく自信が無かった。自分に自信をつけたい、もっと人としてつけなければいけない力があると感じて、企業への就職活動を進めることを選択しました。幅広くいろんな業界を見る中で、「仕事」という人生の大きな転機を支える人材業界には、ずっと目指していた教育にも通ずるものがあり、自然に惹かれました。中でも派遣事業は、就職先が決まれば終わりではなく、就業後も継続して派遣スタッフの方をサポートし続ける特徴がある。責任は重いけれど、企業・派遣スタッフの方、色んな人と向き合って長くお付き合いしていくことは、自分の成長のきっかけになるんじゃないかと感じました。最終的には、常に相手の思いに寄り添い的確な助言をくれるリクルートスタッフィングの社員の姿に惹かれ、自分も目の前の人とこんな関わり方ができるようになれたらと思い入社を決めました。

派遣営業の自分だからこそできる提案で、クライアントのパートナーに。

現在は営業職として、クライアントの人事担当者様との商談、派遣スタッフの方へのお仕事のご紹介、入社後のフォロー等、幅広く行っています。派遣営業は、人材業界の中でも一番「現場」に近い立場にいるのが特徴で、強みだと思っています。私たち営業は日々派遣スタッフの方との面談を通して、職場の雰囲気や人間関係など良いことも悪いことも聞くことができます。それは、職場でお仕事してくれている派遣スタッフの方がいて、関係性を築いているからこそ得られる情報。ただ、最初は派遣スタッフの方が教えてくれた情報から、自分で見立てて企業の課題点を伝えることに抵抗がありました。ですが、尊敬する上司に「クライアントのためを思うなら、派遣スタッフの方と企業を両方知っているあなたの意見は言うべきだと思う」とアドバイスをされ、今では積極的にクライアントへ報告することを意識しています。企業規模が大きければ大きいほど、上層部と現場の距離が遠くなってしまいますから、良いことも、悪いことも正直にお伝えします。そして今後、会社をよりよくするために、私がクライアントのためにできること・クライアントに協力して欲しいことを議論します。同じ目標に向けて目線が揃ったときは、本当に嬉しい瞬間です。一営業担当ではありますが、クライアントの一員として、一緒によりよい職場を作り上げるパートナーとして、日々仕事をしています。

ありたい未来に向かって。

派遣営業にできることはまだまだあると思っています。例えば、もっとデータの活用をしていきたい。データ・マーケティングの部門と連携して、営業一人ひとりがどんどん分析や提案のスキルをあげて、今の市況や、その中でクライアントはどんな立ち位置で、どんな打ち手を打っていくべきか、定量で示せるようになりたいですね。クライアントや派遣スタッフの方にも喜んでもらえて、私たち社員も自分のスキルをあげて・・・「派遣事業ってやりがいがあって、楽しいな」と、皆がより感じられる組織であれればいいですよね。
リクルートスタッフィングは職種・部署間の垣根も低くて、心から人のことを考えて、どんな挑戦も応援してくれる風土があります。新しいことを立案して、推進していくのは苦労もありますが、そんな環境を最大限活用して、興味のあることには積極的に手を挙げて、挑戦していきたいです。
入社当初思い描いていた「自信をつけたい」という目標は、クリアできている感覚です。ただ、上には上がまだまだいることが分かったので、引き続き頑張っていきたいと思います。

新卒エントリーはこちら