読みたいコンテンツを選ぶ

3つ魅力ポイントを紹介

紹介予定派遣だから、嘱託職員
として活躍できるチャンスが!

将来的に嘱託職員としての採用を見据えた「紹介予定派遣」制度に基づく派遣契約だから、実務を通し仕事内容への理解を深め、大学との合意の上で、採用に至るチャンスが広がります。

アカデミックかつインターナショ
ナルな雰囲気に満ちた職場環境!

世界中からさまざまな学生が集うキャンパスは、常にアカデミックな雰囲気が感じられます。在学生の約1割が外国人留学生で、英語のみで授業を行う学部が年々増えています。

学生食堂をはじめ
学生価格の飲食店も周辺に充実

リーズナブルな学生食堂は、和洋定食から単品の丼物、麺類などメニューも豊富。早稲田キャンパス周辺には学生向けのお手頃価格の飲食店もいっぱい!毎日どこで食べるか迷うほどです。

「学生や教員を支えたい。喜んでくれる人の顔が見たい。」というような人におすすめです。部署によっては、最先端の教育や研究に携わる機会も。メリハリをつけて働くことを推奨しているので、ワークライフバランスを重視したい方にもおすすめです。また、常勤嘱託(有期契約)の方のみを対象にした、専任職員採用試験があり、キャリアアップを目指す人にもチャレンジできる機会があります。

スタッフインタビュー

お仕事のやりがいとは?

人生の大きな選択をサポート
できるやりがいを感じながら、
キャリアアップを目指せます

前職では人材系の企業で正社員をしており、その後主人の海外転勤に伴って退職し、アメリカのボストンで1年間生活しました。帰国後、学生の頃から教育機関や大学という場所が好きで、一度働いてみたいという想いを改めて強く認識し、大学職員のお仕事を探すことに。初めて経験する職種ということもあり、まずは派遣契約でチャレンジしてみようと考え、リクルートスタッフィングに登録を。そこで、早稲田大学で日本語ができない学生への対応が必要な学務課の窓口でのお仕事募集があり、高校・大学と2回のアメリカ留学経験を経て培った英語スキルも活かせるのではと考え、応募したのが就業のきっかけです。

スタッフインタビュー

平岩 由紀子さん
国際教養学部
国際コミュニケーション研究科事務所

  • 現在の仕事内容は?

    国際教養学部で実施する、国外からの志願者が受験するAO入試に関する業務を担当しています。国際教養学部の授業は全て英語で行われ、日本語ができなくても入学・卒業ができるプログラム。そのため、入試事務や出願者からの問い合わせ対応、願書の処理はもちろん、学生募集のリクルート活動から大学説明のプレゼンまで、全て英語での対応が必要です。オープンキャンパスの時には、志願者とその保護者に向けて、大教室でスライドを用いて大学説明のプレゼンや、カリキュラム・入試についての説明をします。また、海外の高校へ出張してプレゼン(説明会)することも。

  • 職場の雰囲気は?

    国際教養学部で働く方は海外経験のある人が多く、英語が堪能でオープンな雰囲気。歓送迎会など親睦を深める機会も適度にあり、みなさん気さくで働きやすいです。基本的に残業が少ないので、正社員時代と比べてギャップが大きく最初は驚きました。ランチはオフィス内のリフレッシュルームと外で食べる人の2手に分かれます。早稲田キャンパス内はコンビニも充実、また周囲が学生街なので、徒歩5分圏内に安く食べられる飲食店がいっぱい。選択肢が豊富なのが嬉しいですね。

  • 仕事のやりがいは?

    高校生など、入学前の人が対象となるお仕事なので、営業要素が強い面があると感じています。最初に出会う「早稲田の人」として見られる責任は大きく、自分自身がどれだけ早稲田のことを知っていて、どれだけ親身に相談に乗れるかによって、その人の志望度、出願したい気持ちに大きく影響すると思うので、大変だけどそこにやりがいも感じています。どこの大学を選ぶのかというのは、人生の中でもとても大きな選択の1つなので、できる限りサポートしてあげたいと思っています。

  • 今後の目標は?

    紹介予定派遣契約での就業なので、大学との合意の下で嘱託職員契約に切り替わるという前提で、海外出張などを含む業務経験を積ませていただいています。だから、嘱託職員になって、5年間という決められた期間に、与えられた環境の中で精いっぱい頑張りたいという気持ちが第一にあります。また、今働いている中で、働く場としての大学に強く魅力を感じているので、5年後以降はまだ未定ですが、もし、どこかでチャンスがあれば、専任・正社員という形での就業も目指していきたいと思っています。

伸ばせるスキル例

  • OAスキル

    OAスキル

    日常的にExcelやWordでの資料作りを行うため、OAが得意な人はさらなるスキルアップが可能です。

  • 英語スキル

    英語スキル

    日本語を話せない学生・教員への対応が必要な部署では、その能力を生かし、さらなるスキルアップが可能です。

  • コミュニケーションスキル

    コミュニケーション
    スキル

    学生や保護者、教授、一般企業など校内外問わずさまざまな方と関わる機会が多いので、コミュニケーションスキルが生かせます。

ある1日のスケジュール 
平岩さんの場合

  • 9:00業務開始

    志願者からの問い合わせメールをチェック。
    メールの返信や電話での相談に対応。

  • 11:00プレゼン資料作成

    大学説明用のプレゼン資料を作成。
    志願者の視点に立って、分かりやすい資料の作成を心がけます

  • 12:30ランチ

    大学近くで評判のフレンチカジュアルのレストランへ。
    おいしい食事でリフレッシュして、午後のエネルギーをチャージ。

  • 13:30来訪者への説明

    直接相談を希望された志願者と保護者に対面で入試制度や大学のカリキュラムについて説明。

  • 15:30入試業務

    願書の処理など入試に関する事務処理を行います。
    個人情報を含む重要書類を扱う仕事なので、緊張。

  • 17:15業務終了

    出願のピーク時以外は残業はほとんどなく、業務終了後はゆっくりと買い物へ。

オフィスの魅力大解剖

緑の芝生が広がる大隈庭園で、
足を伸ばしてくつろぎタイム

大隈講堂を通り過ぎた先には、学生食堂と隣接する位置に、大隈庭園の緑が広がっています。都心とは思えない緑の木々と芝生が広がる庭園は、お弁当を食べたり読書をしたり、足を伸ばして自由に過ごせます。

2018年3月開館
歴史館で知る早稲田大学

「早稲田大学歴史博物館」には大学の歴史に関する資料や情報が詰まっています。早稲田グッズショップやカフェも併設されていて昼休みにぶらりと立ち寄って楽しむことができます。

時代を経ても変わらず学生たちを見守る大隈講堂のたたずまい

早稲田大学創立以来変わらぬ姿でそこにたたずむ大隈講堂。信楽風の全て手作りのタイルで外壁を覆われ、チューダー・ゴシック様式で建築された講堂は、大隈重信像と並ぶ大学の象徴的建造物です。

人事担当者が
期待すること

湯澤 圭子 様
人事部 人事課

仕事のやりがいや職場の特徴は?

大学での事務職の経験がない方でも、周囲がサポートしますので、業務に従事しながら学んでいっていただけます。私が今までに経験した部署では、専任職員・派遣スタッフ関係なく、業務に関するちょっとした改善などを、気軽に提案できる環境です。「また早稲田大学で働きたいです。」と言っていただくことが非常に多いのも大きな特徴の1つだと思います。

就業スタッフに期待することは?

分からないことがあれば、臆せずにどんどん聞いてください。複数名が協力しながら業務を行っていきますので、周囲の人々とのコミュニケーションを取りながら、「ほうれんそう(報告・連絡・相談)」を忘れずに、楽しく働いていきたいという方をお待ちしています。部署によって業務も様々ですので、きっとご自身にあったお仕事を見つけられるのではないでしょうか。

代表的なお仕事例

  • 学校事務+一般事務

    • ・学部・大学院事務所での学生対応
      (学部によっては、英語対応もあり)
    • ・Word、Excelなどを使った資料作成
    • ・経理処理
    • ・電話、メール対応、その他庶務業務
  • 総務事務+入試事務

    • ・公的研究費(科研費)などの処理
    • ・教員、関係部署対応
    • ・学内便の仕分け
    • ・入試時の対応
    • ・その他庶務業務
  • 一般事務

    • ・予算や経費に関連するデータ入力、起票、照合
    • ・上記に関連する教員対応、学生対応、業者対応
    • ・その他庶務業務

現在募集中のお仕事

職種 +
勤務地
給与
概要
リクルートスタッフィングに登録する リクルートスタッフィングに登録する
募集中のお仕事を見る 募集中のお仕事を見る