RECRUIT リクルートスタッフィング 2018RECRUIT リクルートスタッフィング 2018

新卒エントリーはこちら

CASE02 クライアント じぶん カスタマー

外から見たRS CASE02

多くの条件にスビーディーにマッチング 多くの条件にスビーディーにマッチング

創業から2年足らず。破竹の勢いで企業としての成長を続けているひとつのベンチャー企業があった。それがKaizen Platform。さらに事業拡大を目指し、即戦力人材の確保は急務。一方で、スキルがあれば引く手あまたで、中々優秀な人材を惹きつけることの難しいIT業界の求人。変化の早い業界で、スタッフの方と企業の声を聴き続けマッチング成功に導いたのが、営業 井戸である。
※Kaizen Platform:UI改善プラットフォームビジネスで急成長を続けるITベンチャー。2013年創業。

最初に宮坂さんからいただいた求人ニーズは、スピードが最優先事項でした。しかし、ヒアリングをしていくと、経験やスキルに関しても求められるものがかなり高いこともわかりました。優秀なエンジニアは、企業間で奪い合いになるほど、人材確保の難しいIT領域。全ての条件を叶えるためのマッチングは簡単ではありませんでした。1日でも早く人材を確保したい。企業側のリクエストに応えつつ、条件に合う方をご紹介するために、何度もご提案をし、その都度フィードバックをいただきました。ご提案を繰り返すことで、少しずつ認識のすり合わせができたことが、結果的に今回のマッチングにつながったのだと思います。もちろん、要望をきちんと叶えるのはスタッフの方に対しても同じこと。他社や業界平均と待遇も提示した上で、遠井さんにはKaizen Platformさんで働くメリットをご説明。遠井さんの望む条件を叶えられるように交渉をしたことで、双方に満足いただける結果になったと考えています。

井戸優樹 ITスタッフィング営業統括部 ITスタッフィング1部4グループ マネジャー 人はそれぞれに“何かを成し遂げたい”、“あんな姿になりたい”、という目標がある。そこに自分が介在したいという想いでリクルートスタッフィングに入社。

井戸優樹

ITスタッフィング営業統括部 ITスタッフィング1部4グループ マネジャー

人はそれぞれに“何かを成し遂げたい”、“あんな姿になりたい”、という目標がある。そこに自分が介在したいという想いでリクルートスタッフィングに入社。

カスタマーの声
クライアントの声
カスタマーの声
クライアントの声

きめ細やかなヒアリングと要望を叶えてくれる交渉力。 きめ細やかなヒアリングと要望を叶えてくれる交渉力。

WEBディレクター 遠井一真さん

母は美容室経営、父は建設業、両親とも個人事業主なんです。経営者の立場として両親が抱える責任の重さや苦労が、社会人になってから次第に分かるようになってきました。何かの形で少しでも両親の力になれる方法はないか。そこで考えたのが、仕事と両立しながら経営に関する知識を身につけることでした。今後、直接事業に関わるかどうかは現時点ではわからないけれど、経営を学んでおくことで、いつか両親の役に立てるはずと考えたのです。働きながら、勉強の時間を確保するために考えたのが、派遣という働き方でした。
働くに当たって、WEBディレクターであった前職のスキルは生かしたい。しかし、前職で感じていた疑問も解消したいと考えていました。それは、サイトをつくって終わりで本当にいいのか、ということ。サイトの制作には、必ず制作費が発生し、クライアントの望む効果が得られても、そうでなくても、制作費は変わらない。効果を出すために、サイト自体を改善するためには、どうしても追加でまた莫大な制作費がかかってしまう。本質的ではないと思っていたんです。本当に効果を出すために、納品したら終わりではなく、継続して改善できるものづくりがしたいと考えていました。

将来設計に向けた進路選択と、前職で感じていた疑問。どんな働き方がしたいか、という話だけでなく、その背景まで井戸さんは聞いてくれました。そして紹介されたのがこのKaizen Platformさん。A/Bテストという手法をとることで効果の出るサイト制作を行う会社で、私の理想にぴったりでした。加えて今の職場では、自分の提案や発想が良いものと判断されればすぐに採用されるし、スタートアップ企業ということもあって行動サイクルのスピードが早い。単に前職の経験を活かすというだけではなく、この職場で働くことで、将来に繋がる成長ができていると実感できることも、非常に大きいと感じています。

ベンチャーだからこそ、会社の数年後を見据えた人材提案を。 ベンチャーだからこそ、会社の数年後を見据えた人材提案を。

KAIZEN platform株式会社 カスタマーサクセス 宮坂洋平様

実は、リクルートスタッフィングさんは元々私たちのクライアント。リクルートスタッフィングさんの『Japheego』という、エンジニア派遣サービスのWEBサイト制作を行っていたのが私たちだったのです。一緒に仕事をしているのも、何かのご縁。人材面の相談をしたところ、担当していただいたのが井戸さんでした。
私たちKaizen Platformは2013年の創業以来、ありがたいことに右肩上がりの成長を続けてきました。もっと多くのお客様の役に立ちたい、もっと広く事業を展開したい。その実現のためには、自社でゼロから人材を育成する余裕はない。そこで即戦力となる派遣スタッフの採用が急務だったのです。WEBの知識があり、デザイナーやクライアントとの折衝スキルのあるディレクター経験者。さらに、「自分は派遣だから」と自ら業務を限定してしまうのではなく、スタンス面で仕事に対してプロ意識や責任感をもってくれる方。要望が高いのも承知の上でしたが、なんとかいい人材と出会いたいと井戸さんに相談をしたのです。

井戸さんにお願いしてよかったのは、スピード感のある提案力。必要スキルや採用背景、人物像等、様々な要件についてのヒアリングを元に、提案を受けフィードバックを返す、という動きを、日にちを空けることなく重ねることができました。「スタートアップ企業の環境は特殊だから、企業文化に馴染めるかどうかが大事」という観点が出たのも、このフィードバックの積み重ねからでした。多くの条件を出していたものの、この試行錯誤によって、短期間で遠井さんというニーズに合う方に出会うことができました。
これからも、井戸さんには事業戦略全体から人材面でのパートナーになってもらいたいと思っています。さらなる成長を目指している私たちだからこそ、1年後、3年後、5年後どんな会社になっていくために、今どんな人材が必要か。中・長期的な人事計画を相談できるような関係性になっていけたら嬉しいです。

外から見たRS

クロストーク

外から見たRS

クロストーク