事業紹介

人材派遣
サービス

その人の“らしさ”まで見つめて、
マッチングしていく。

「自分の経験やスキルを必要とする企業で働きたい」
「必要な期間、求めるスキルや経験のある人と働きたい」
そんな人と企業の思いを叶えるのが、
人材派遣サービス。
その中でも、私たちが大切にしているのは、
条件だけではなく、
働く人の思いや個性を理解した上で、
その人らしく働ける場所を紹介すること。
企業の人材活用の課題を理解する力と
働く人への伴走力の二つを活かして、人と組織の力が
最大化する社会をつくっていきたいと考えています。

紹介予定派遣
サービス

働いてみて、
「合うのかどうか」確かめられる。

「仕事内容や風土が合うのか、働いて確かめた上で
就職したい。」そんな求職者のニーズと、
「実際に仕事を任せてみて、活躍できる人材かどうかを
見極めたい。」という企業側の双方の思いを実現できるのが
紹介予定派遣サービスです。
派遣スタッフとして一定の期間就業した後、
求職者と会社の双方の合意があれば、
雇用が成立する。
それによってミスマッチが減り、
一人で就職活動するよりも幅広い企業情報やアドバイスが
得られることで、納得のいく仕事選びが可能です。

-キャリアウィンク-

「スキルや経験がなくて事務職に就けない」
その声に耳を傾けて。

事務職を志望していたのに正社員としての門戸は狭かった。そんな若年層の声に耳を傾けて生まれたのがキャリアウィンク。これは、私たちがスタッフを無期雇用し、OAスキルやビジネスマナー研修を行った後に企業へ派遣する、“無期雇用派遣”という新しいスタイル。事務職としてスキルアップできる職場で活躍しながら、一緒にキャリアを創っていく。事務職としてのキャリアがひとりでは描きづらい未経験の求職者と、職場での関係性や風土へのマッチングを重視する企業との思いを結びつけることで、若年層の就業機会の創出とキャリア形成に貢献しています。

キャリアウィンク

短時間ジョブ

働く時間が短くなれば
“働けるひと“は、もっと増える。

「子育てしながら働きやすい世の中を、共に創る」を目指し、一日5〜6時間や週4日以下などの“働きやすいワークスタイル”を組み立て、雇用を創出しています。この働き方を広めていくために、派遣先企業に積極的に働きかける他、派遣スタッフのために、産休・育休の制度やベビーシッター割引サービスの制度も整え、働きやすい環境を整備しています。

短時間ジョブ

-アビリティスタッフィング-

障がいをオープンにして
働くという選択肢。

障害者雇用促進法の改正により、企業の法定雇用率が上昇をしていく中、企業内の人事命題になりつつある「障がい者雇用」への提案。一方で、年々増加するうつ病などの精神障がいの方のキャリアの重ね方には「障がいをオープンにして働く」という選択肢もあります。アビリティスタッフィングでは「できる」ことに注目し、「すべての人がいきいきと働ける社会を創る。」という理念のもと、障がいをお持ちの皆様の就職支援をしています。障がい者雇用枠での職業紹介にはじまり、精神保健福祉士(国家資格)による職場定着支援、企業内でのマネジメントや理解促進の為の研修やセミナー、障がいをお持ちの方と企業担当者の方との交流会実施などにより、様々な課題に伴走しています。

アビリティスタッフィング

-ジャパニン-

働くことも、
“日本を学ぶ”ことだから。

大きな夢を持ち日本を選んだ海外留学生たちは、アルバイトがしたくても情報不足や習慣の壁に阻まれ、理想の仕事に就けないことがあります。また、平日は学習に充て休日に効率よく働きたいという希望も持っています。一方、リテールサービスの現場では、訪日外国人の増加によるスタッフの語学力不足や慢性的な労働力不足という課題を抱えていました。私たちは、この二つの課題に着目し、留学生向けの派遣サービスをスタート。多様な就業機会の創出とキャリア支援を行っています。また、法律上週28時間までしか働くことができない留学生の労働時間管理システムを提供し、クリアな労働市場の形成を目指して参ります。

外国人留学生派遣