ニュース

イベントレポート

60代を中心とした「熟戦力」を活かす
就職支援セミナー

株式会社リクルートスタッフィング

2018年3月29日 株式会社リクルートスタッフィング

人生100年時代が叫ばれる今、定年退職後の人生をどう過ごしていくかは、誰にとっても重要な関心事となりつつある。労働人口が減少しつづける日本にとって、60代以降の人材のパワーをいかに活用するかは、企業も向き合うべき課題となっている。
「体力的にまだまだ働ける」というシニア層の就業意欲と、「経験やスキルを持った即戦力人材がほしい」という企業ニーズを、「派遣」という働き方でつなぐことはできないだろうか――。そんな課題意識から、リクルートスタッフィングでは、60代を中心とした定年後のパワーを「熟戦力」と名付け*、企業への働きかけを進めている。2月28日に開催した就職支援セミナーでは、培ってきたスキルや経験を活かした派遣という働き方についての説明を行なった。

「熟戦力」の活躍が日本の働き方を進化させる

2018年2月28日にリクルートスタッフィング本社で行われた就職支援セミナーには、60代を中心に、これからの働き方を模索する17名が集まった。
セミナーが掲げるテーマは「熟戦力」。「長く組織で働き、実務経験を持つ人だからこそ発揮できる力」として、リクルートスタッフィングが注力している60代を中心とした定年後のパワーのことだ。
「定年退職を迎えても、まだまだ元気だから働ける、年金など不安要素があるので収入が欲しい、といった声は多くあります。一方、企業(とくに中小企業)では、団塊世代の大量定年退職や恒常的な人手不足により実務パワーが圧倒的に足りず、専門スキルを持った人材を即戦力として適材適所に配置したいというニーズがあります。熟戦力とは、『実務担当の即戦力として活躍する』ことで、企業とのマッチングをはかる、新たな人材活躍の方法だといえるのです」(リクルートスタッフィング・プロフェッショナル事業グループ平田朗子)
実際に、リクルートスタッフィングが行った「60代の就業意欲アンケート」(2017年11月)や、独立行政法人労働政策研究・研修機構「高年齢者の雇用・就業の実態に関する調査」(2010年)によると、定年退職後に就業したい理由として「まだまだ肉体的に働ける(92.1%)」「生活費を稼ぐため(42.4%)」「経験・スキルを活かしたい(68.9%)」「やりがいや生きがいのため(18.0%)」「社会と接点を持ちたい(14.8%)」が挙げられている。
また、同調査によると、働き方として「会社などに雇われたい(93.6%)」という意向は強いものの「雇用形態にこだわらない(45.6%)」という声も多く、60代の派遣新規登録者数は2006年から10年間で約5倍になっている。

「派遣」のメリット・デメリットと実際の声

では「熟戦力」の活用において、派遣の働き方にはどんなメリット・デメリットがあるのか。主に次のような点が挙げられるという。

    【メリット】
  1. 条件を選択できる(時間や日数、勤務地、時給、仕事内容など)
  2. スキルや経験を生かして働ける(人事制度に影響を受けない)
  3. 自分で仕事を探す必要がない(派遣会社が仕事を探してくれる)
    【デメリット】
  1. 有期契約(契約ごとの業務、継続できない可能性がある)
  2. 指揮命令者の指示の下で働く(高度なスキル・経験があっても派遣先の指揮命令に沿う)

セミナーの最後には、参加者からさまざまな意見や質問が上がった。例えば、「シニアとして、今後働く際に注意すべきこととは」という質問に対しては「周囲に自分から積極的に声をかけてコミュニケーションをとること」と説明。
「派遣先企業からの声として、『経験豊富にも関わらず、謙虚に学ぶ姿勢がある』『周りに対して自分から溶け込もうという姿勢が見られ、協調性がある』『自発的に先回りして動いていただける』といったものが多くあります。求められるのは経験とスキルですが、自分から周りに挨拶をしたり、わからない点を聞いたりとコミュニケーションを積極的にとることも仕事をスムーズに進める上で大切。周りの方から見れば『年配の方だし、経験も豊富で話しかけにくい』と思われがちですので、自ら周りに馴染んでいき、声をかけやすいような雰囲気作りを心がけてください」(平田朗子)

セミナーに参加した方からは、「定年60歳という制度と、年金制度はリンクしておらず、高齢層を有効に活用しないと日本経済は立ち行かなくなる。『熟戦力』の派遣制度がもっと増えていってほしい」という期待の声も多く聞かれた。
現状、60代以上の戦力の受け入れに関して、企業側の受け入れ態勢が整っていないという課題もある。「熟戦力」は、一人ひとりのライフスタイルに合った「派遣」という働き方を推進してきたリクルートスタッフィングとして、今後も注力していきたい領域だ。

*株式会社リクルートホールディングス)の主催する「2018年のトレンド予測」発表会にて、「熟戦力」を人材派遣領域のキーワードとして発表
https://www.r-staffing.co.jp/corporate/news/2017/121201.html

ニュースリリース・取材に関するお問い合わせ

TEL:03-6274-3550 / FAX:03-6274-3575 (広報室)

一覧へ戻る