ビジネスレスキュー PC操作 Excel
計算式での参照セル固定

お悩みさん

ツアー申込みの人数集計と特別割引価格の計算をしているのですが、どうもうまく進まなくて困っています。

出磁多 類(でじた るい)

ちゃんと計算を入れると自動で計算できるのでエクセルでの集計は楽しいですよね。どうされましたか?

お悩みさん

計算式をオートフィルでコピーすると同様の式を入れられてとても便利なのですが、思い通りにならない場合があります。

参加予定人数(入金済+未入金)を
計算する場合

○F4の『=D4+E4』をオートフィルでコピーすると
想定通りの計算結果が表示される。

イメージ:参加予定人数(入金済+未入金)を計算する場合

特別割引価格(通常価格×特別割引率)を
計算する場合

×C4の『=B4*C10』をオートフィルでコピーしても
想定通りの計算結果が表示されない。

イメージ:特別割引価格(通常価格×特別割引率)を計算する場合

お悩みさん

参加予定人数は上手く思い通りの計算結果になるのですが、特別割引率をかけた特別割引価格が上手く表示されないんです。

僕がレスキュー! │Microsoft Officeの使い方は任せてください!

入力されている数式をドラッグして自動入力するオートフィル機能についてですな。
それではExcelのオートフィルの仕組みと使い方を説明しますぞ。

ケーススタディ

オートフィルで数式をコピーすると、数式で参照しているセルも一緒にコピーした方向に動きますぞ。
つまり参照しているセルも、はじめはD4セルとE4セルだったのがオートフィルで移動した方向に沿って動くので一行ずつずれて、順に「D5とE5」「D6とE6」・・・となります。これがオートフィルの基本の動きになりますぞ。 ビジネスレスキュー_ic_c02

オートフィルで数式をコピーすると
参照セルもコピーした方向に移動する。

イメージ:オートフィルで数式をコピー

だけど、特別割引価格の場合は参照している特別割引係数のセルが移動しては困ってしまいますね。
特別割引率であるC10だけを常に参照している必要がありますぞ。 ビジネスレスキュー_ic_c03

オートフィルでコピーした方向に
移動してしまうと
C11以降の空白のセルを
参照することになってしまう。

イメージ:オートフィルでコピーした方向に移動

特別割引率の参照は
固定する必要がある!

今回の場合、固定したい「特別割引率」のC10セルを固定するには列番号と行番号の前に「$」マークをつけて「=B4*$C$10」と入力してオートフィルすれば良いのです。
わかりやすいように$をつけた場合とつけなかった場合を比べてみましたぞ。 ビジネスレスキュー_ic_c04

$を付けなかった場合

イメージ:$を付けなかった場合

$を付けた場合

イメージ:$を付けた場合

この$をつけて固定したセルを参照する方法を「絶対参照」といいます。 オートフィルや絶対参照はExcelで計算をする上で必須なのですが、きちんと理解していない人が意外と多いのでここをしっかり抑えておくことが大事ですぞ! ビジネスレスキュー_ic_c02

出磁多さん、いつも詳しくありがとうございます!基本を抑えて簡単なミスをしないようにします。 ビジネスレスキュー_ic_c01

プラスワンポイント

ビジネスレスキュー_ic_c05 「$」を一つ一つ入力するのは大変ですが、実は「F4」キーを押すと一気にまとめて「$」がつきますぞ!!ぜひ試してみてください。

レスキュー完了ですぞ!

操作しながらPCスキルを学びたい方は
自宅でできる無料のeラーニング

eラーニング(ELAN)

eラーニング(ELAN)は、Excelなどを自宅で学べて、学習チェックのためのテストも!実践的なスキルが身に付きます。

eラーニング(ELAN)ページへ

他のカテゴリーをチェックする

  • PC操作
  • ビジネス文書
  • 事務
  • 営業

ビジネスレスキュートップページへ戻る