派遣のしくみ

直接雇用との違いは?メリットは?派遣という働き方について、みなさんの疑問や不安を解消するために、詳しくご説明します。
派遣がはじめてという方はぜひご覧ください。

派遣の仕組み・他の雇用形態との違いについて知る

派遣は雇用契約を結ぶ先と職場とが違う!

派遣とは、直接雇用、契約社員、パート、アルバイトのような働き方の選択肢のひとつです。ただ、直接雇用やアルバイトは、雇用契約を結ぶ先と実際に働く場所が同じですが、派遣では、雇用契約は派遣会社と結び、派遣会社と契約を交わしている会社(派遣先)で仕事をするという就業形態になります。
そのため、給与は派遣会社から受けとり、福利厚生も派遣会社のものが適用されますが、実際の仕事の指示は派遣先企業の担当者から直接受けます。ただし、派遣会社と派遣スタッフとの雇用関係が成立するのは、仕事を紹介してもらい派遣先が決まってから。登録だけでは雇用関係は成立しません。
そして、派遣期間が終了すると同時に、雇用契約も終了します。1つのお仕事の派遣期間・雇用期間終了後も、派遣会社に登録していれば次のお仕事を引き続き探したり、紹介を受けたりできます。


派遣で働くことのメリット・デメリットについて知る

自分に合った働き方を自分で選択できる!

派遣のメリットは、自分に合った仕事を選択できること。職種や仕事内容、勤務期間や仕事場所など、さまざまな条件で自分のキャリアプラン、ライフプランに合わせた選択ができます。
直接雇用であれば、たとえ希望の仕事に就いたとしても、待遇が変わったり、異動でやりたい仕事以外のことを任せられたりということもあります。その点、派遣スタッフは、仕事内容が契約によって定められているため、契約外の仕事をすることは基本的にありません。
そのため、「経理事務を極めたいので、経理の仕事だけに特化して働く!」というスペシャリストを目指す働き方など、自分に合わせた働き方ができるのです。
また、仕事探しも自らの情報収集に加え、職種や業界を専門に担当するお仕事紹介担当がおすすめする案件もMyPageやメールなどで紹介されるので並行して検討することが可能です。
一方、デメリットもあります。契約単位で仕事をするため、契約が終了しても次の仕事にスムーズに移ることができれば問題ありませんが、思いがけずブランクが空いてしまうことがあります。また、希望に合った仕事に就けるか就けないかは、タイミングによって左右されることがあり、いつも希望の仕事があるとも限りません。

派遣のメリット

  • 職種や仕事内容を自分でその都度選ぶことができ、会社都合での異動がない
  • いろいろな企業や仕事を経験することができるので、自分の視野や経験の幅が広がる
  • プライベートと仕事の両立を実現し易い
  • 仕事上での問題や不安を、派遣会社に相談できる

派遣のデメリット

  • 希望に合った仕事の紹介が常にあるとは限らない
  • 仕事と仕事の間にブランクが空くことがある
  • ボーナスや退職金がない場合が多い
  • 決められた昇給制度などを持たないことが多い

派遣でできる職種や働き方について知る

職種や業種、期間もさまざま。ますます働きやすい環境へ!

急速に拡大する派遣労働市場においては、派遣で働く環境もより良いものにルールが変わってきています。
派遣は、労働派遣法という法律でルールが決められており、派遣で働くことのできる職種や期間などが定められています。よりよい労働環境を目指し、今も法改正に向けた動きがあり、国会などで活発に議論が行われています。
また、すでに多くの方が利用している「紹介予定派遣」という仕組み。これは「将来的に社員になることを前提として、派遣スタッフとして仕事をスタートする」という働き方です。一定期間派遣スタッフとして働いた結果、働く側も会社側も社員としての採用を望み、双方が合意した場合に社員化できるという制度です。派遣期間中に職場や仕事を理解し、その企業が自分と合うかを実際に経験してから判断できるというメリットがあります。
最近では、経験者の紹介予定派遣だけでなく、国や自治体が支援する若年者向けの紹介予定派遣などもたくさん増えてきています。