あなたにはおやつのルールが、ありますか。
ほっとひと息つくため、だれかとのコミュニケーションのため、小腹を満たすため。
目的や食べるタイミングによって、どんなおやつを選ぶのか、こだわりだしたらキリがない。けれど、食べた後は仕事もやる気が出たりするから、意外とあなどれません。
おやつが日常を彩る、そんなシーンを記事から想像しながら、明日のおやつへ、想いを馳せませんか。

自分の興味に正直に。4つの顔を使いわける

副業・複業がだいぶ受け入れられてきた昨今。とはいえ、まだまだ誰もが手を出せるわけではないこの働き方で、自由に走り回っている人がいる。高森優子さんが抱えている仕事はなんと4つ。
忙しいのでは?と尋ねると、「でも、どれも短時間ですから」と楽しそうに笑う。彼女にとって、1つのことを追求するよりも、いくつもの顔を使いわけるほうが“楽”なのだ。

記事の続きはこちら>

週末「スイーツアーティスト」。相手の喜ぶ顔が、二足のわらじの原動力

「はじめまして」と手渡された名刺に描かれていたのは、チョコレートのイラスト。
週に5日、東京・日本橋のヤマサ醤油株式会社で、派遣スタッフとして働く伊下田良美さん(46)には、もうひとつ「スイーツアーティスト」という顔がある。
不安やジレンマに苦しんだ時期もあったが、自分らしさを思い切り発揮できる2つのフィールドを得て、いま、伊下田さんはキラキラと輝いている。

記事の続きはこちら>

50歳の本音。「無理はしない。でも、チャンスがあれば恐れずチャレンジしたい

楚々としたたたずまいに歯切れのよい明快な語り口。いい意味でのギャップが何ともチャーミングな島崎元子さん(50)は、週に4日、日経メディアマーケティング株式会社で派遣スタッフとして働く。ご自身のワークライフバランスを採点してもらうと、「そうですね、100点って言えるかな」とにっこり。仕事のやりがい、家族との時間、プライベートの充実……人生100年時代と言われるなか、島崎さんは50歳という「いま」をどう生きているのだろうか。

記事の続きはこちら>

日本とイギリスで学んだお菓子作り。「誰でも笑顔になれる魔法」を届けたい

10歳のころ、母が作ってくれた「りんごのぽろぽろ焼き」。岡崎香折さん(54)が手作りのお菓子に目覚めたのは、それを食べた瞬間だった。以降、自分でも作るようになり、今では自宅でBon-bon Sucreというお菓子と紅茶の教室を開いている。その間、子育てや海外生活など、たくさんの経験をしてきたという。

記事の続きはこちら>

新しい環境が好き。短期・単発の仕事がありがたい

大学を卒業してすぐ、シングルマザーとして女の子を出産し、仕事と子育てを両立してきた堀ちひろさん(42)。両親のサポートがあったものの、その間は無我夢中だった。長女が14歳の時に再婚して2人の子どもに恵まれ、5年のブランクを経て短期・単発の仕事をスタート。ほぼ1か月ごとに新しい環境に変わる今の仕事がとても楽しい、と笑顔で語る。苦労を感じさせないはつらつとした姿。その秘訣と働く姿勢を聞いた。

記事の続きはこちら>

ABOUT

あなた「らしさ」を応援したいWorkstyle Makerリクルートスタッフィングが運営する
オンラインマガジンです。

JOB PICKUPお仕事ピックアップ

リクルートスタッフィングでは高時給・時短・紹介予定派遣など様々なスタイルの派遣求人をあつかっています

Workstyle Maker

『「らしさ」の数だけ、働き方がある社会』をつくるため、「Workstyle Maker」として働き方そのものを生み出せる企業になることを目指しています。