最近気になっていることや、学んでみたいことはありますか?今回の特集では、学んで自分を高める4名の方たちをご紹介します。
時間の使い方や、モチベーションの上げ方など、どれも参考になるものばかり。小さなこともまずははじめてみることで、就きたい仕事やなりたい自分に近づけるはずです。

働きながら大学院へ。「歯科衛生士」という枠から飛び出して世界が広がった

日中は働きながら、夕方や土曜日に大学院へ通っている仲美紗代さん(40)。もともとは短大卒だったが、通信制の大学を卒業し、大学院にチャレンジ。そのために派遣スタッフという働き方を選んだ。ほがらかな雰囲気とは裏腹に、強く芯の通った生き方。そのキャリアや思いを聞いた。

記事の続きはこちら>

「翻訳者になりたい」目標を見つけて吹っ切れ、自信が付いてきた

「数年前までこれといったキャリアがなく、自信が持てなかった」と話す高橋亜紀子さん。これまで、派遣スタッフや直接雇用として働いてきたが、社員の人に引け目を感じたり、自分の職業を堂々と人に言えない気持ちを抱えてきたのだとか。ところが数年前に、「翻訳者」という目標を見つけ、ポジティブな気持ちで働けるようになってきた。

記事の続きはこちら>

弁護士を目指して奮闘中!仕事での経験が、今の自分を支えてくれる

弁護士を目指す池部美希さん(36)は法科大学院(ロースクール)を修了し、司法試験を受験するが、結果は5年連続で不合格だったという。一度は勉強のペースを落としたものの、2年後には再度受験を決意。現在は派遣スタッフとして働きながら、勉強を両立させている。取材ではいきいきとした姿が印象的だったが、20代は灰色の時代だったと振り返る。

記事の続きはこちら>

やむを得ず選んだ働き方が、諦めかけていた翻訳の道へ導いてくれた

小さな頃から海外への憧れがあったという河辺恵さん(33)。ずっと英語に携わりながら意欲的に働いていたものの、時間が足りず諦めていたことがあった。それは、翻訳の勉強をすること。ところが、派遣スタッフとしての仕事をスタートしてから、翻訳者への道が開け始めた。

記事の続きはこちら>

SPECIAL SITE
ABOUT

あなた「らしさ」を応援したいWorkstyle Makerリクルートスタッフィングが運営する
オンラインマガジンです。

JOB PICKUPお仕事ピックアップ

リクルートスタッフィングでは高時給・時短・紹介予定派遣など様々なスタイルの派遣求人をあつかっています

Workstyle Maker

『「らしさ」の数だけ、働き方がある社会』をつくるため、「Workstyle Maker」として働き方そのものを生み出せる企業になることを目指しています。