職場見学(業務確認)にもアイスブレイクは必要?

2021.11.02

職場見学(業務確認)にもアイスブレイクは必要?

ある日あすかさんはクライアントからこんな質問を受けました。

「職場見学(業務確認)で緊張をほぐしてもらうためにアイスブレイクを入れようと思うんだけど、趣味とかの話を聞いてもいいのかな」

「確かにリラックスしてもらうことは大切ですよね。ただ、職場見学での質問には注意しなければならない点があったと思うので確認します!」

あすか

リクルートスタッフィング入社1年目、派遣営業部所属。
口ぐせは「確認します…」と「教えてください!」

さとし

リクルートスタッフィング入社8年目、法務部所属。
好きな業務はリーガルチェックのテスト作成


職場見学について教えてください!

はい、なんでしょう。


派遣スタッフの緊張をほぐすためにアイスブレイクを入れることはOKですか?

緊張をほぐしてもらおうと考えること自体はよいですが、話題の内容には注意が必要です。原則、職場見学で派遣スタッフに聞いていいことは業務に関することのみです。


となると、趣味などの話はNGですね。

はい。趣味や休日の過ごし方 、家族構成など業務に関係ない派遣スタッフの個人情報は聞いてはいけません。そもそも職場見学は派遣先が主導でおこなうものではない点に注意しましょう。


なるほど。派遣元が主体となって進めなければならないということですね。

はい。職場見学には、派遣元が紹介する派遣スタッフをその職場や業務に配置するかどうかを総合的に判断する目的もあります。


職場見学は派遣元が判断する機会という一面もあるのですね。 子どもがいるかいないかなども聞いてはいけないのでしょうか?

はい、子どもの有無も直接業務に関係ないため、聞いてはいけません。業務遂行上問題がないか気になる際は、例えば「業務をおこなうにあたり、残業時間や休暇について配慮が必要なことはありますか?」と聞くとよいでしょう。

職場見学で聞いてはいけないこと
・子どもや同居人について
・住んでいる場所
・健康状態、結婚・出産予定など


なるほど。派遣スタッフが「伝えておいたほうがいい」と思って個人情報を開示するのは問題ないですよね?

はい。ただし、強制的に回答させるような誘導的な聞き方はもちろんNGです。


わかりました!緊張をほぐしてもらうためには、はじめにどのような話をしたらよいのでしょうか。

そうですね。例えば、先に派遣先のことを話してもらうとよいのではないでしょうか。雰囲気や一緒に働く人ことなど。


なるほど。質問から始めるより自己開示からということですね!

はい。そうすることでより安心感がもてて、派遣スタッフ側も話しやすくなると思います。
ランチスポットやコンビニの場所など、会社の周辺情報の案内もよいですね。業務に直結せず、当たり障りのない内容などから入ると、派遣スタッフの緊張もほぐれるのではないでしょうか。


わかりました。ありがとうございます!


POINT
職場見学(業務確認)

・職場見学(業務確認)で派遣スタッフに聞いていいことは業務に関することのみ
・職場見学は派遣元が主体となっておこなう
・派遣スタッフの緊張をほぐすには、派遣先の雰囲気や周辺環境などを先に話してあげるとよい

◇あわせて読みたい
職場見学の流れと注意すべきポイント|派遣活用の6STEP②職場見学
派遣労働者を特定する行為の禁止|知っておきたいリーガル知識

派遣のご依頼はこちら お問い合わせはこちら